当社は デジタルコンテンツの2000億ドル産業 に変革中です

BitImageは、分散型コンテンツライセンスを使用した、デジタルメディア交換のためのスマートなオープンプラットフォームです。 ブロックチェインとAIで動く、BitImageはストックコンテンツ市場の新しい標準を導入しています。

[object Object]現在のポイント
ロード中...ソフトキャップ
ロード中...プレセール目標

BitImageプロジェクトは終了しました。 必要なSoftcapを引き上げず、すべての資金が返金されました。 ご参加いただきありがとうございます。

送金された資金を返却する方法についての情報。

ロード中...

00
:
00時間
:
00
:
00
プレセールボーナスロード中...

目標が達成されました。あと___ 週間。

当社のサービスは次のようなソリューションを提供します:

当社は次の革新的なソリューションを提供するBitImageとの、多くのデジタルメディアマーケットプレイスの共通の問題を解決するために努力しています。:

分散コンテンツライセンス

著作権保護

ブロックチェインと共に、著作者は著作権を安全に保護し、顧客は購入した作品の一意性を保証することができます。

人工知能人工知能人工知能人工知能人工知能

人工知能

高品質のコンテンツを提供する

AIは、数分でデジタルコンテンツをチェックおよび検証するだけでなく、傾向分析コンテンツ分析にも役立ちます。 著者の時間を節約して収入を増やします。

オンデマンド作業の実装

絶対要件を満たしたジョブを配置し、結果として「ターンキー」コンテンツを受信します。 他の同様のサービスではこれを行うことはできません。

オンデマンド作業の実装オンデマンド作業の実装オンデマンド作業の実装オンデマンド作業の実装

取引の透明性

BitImageは100%信頼できます。 スマート契約は、従来の法律ベースのアナログよりも優れたセキュリティだけでなく、取引の完全な正直さと透明性を保証します。 これらは自動化された条件で、安全で不変な機密取引を提供します。

取引の透明性取引の透明性取引の透明性取引の透明性取引の透明性

簡略化された支払いプロセス

送金は ERC-20 標準によって Ethereum ブロックチェーンによって分散され、権限が与えられます。 Ethereum プラットフォームにより、銀行および第三者の支払いシステムを取引から除外することができます。

簡略化された支払いプロセス簡略化された支払いプロセス簡略化された支払いプロセス簡略化された支払いプロセス

費用の自己決定

デジタルコンテンツの独自の価格を設定します。 あなた自身の方法で、独自のルールでデジタルメディアを販売してください。

費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定費用の自己決定

Android のモバイルアプリでアルファバージョンをお試しください

インタラクティブなプロトタイプを使用して、将来のフルバージョンのサービスを確認することができます。

当社のユーザーは最も重要です。 現在の機能の拡張に関するアイデアがあれば、お気軽に共有してください。

アルファバージョンを確認する

トークン情報

BitImageは、ERC20標準のユーティリティトークンを使用して、プラットフォーム上でのコンテンツの購入を可能にし、スマートコンタクト機能を使用して、すべての契約パラグラフのコンプライアンスを客観的に検証します。 2つの仮想ツールを使用すると、ライセンスの徹底的な追跡と取引義務の履行を通じてデジタルコンテンツを転送することができます。

  • 10,000,000,000個の BIM が作成されました
  • ハードキャップ 42,000 ETH
  • ソフトキャップ 2000 ETH
  • 1 ETH = 130,000 BIM

トークンのコードはいつでも GitHub で確認できます。

トークンの配布

  • プレセール10%
  • クラウドセール52%
  • チーム18%
  • 顧問とパートナー4%
  • 報奨金6%
  • 積立金10%

    資金配分

    • 開発50%
    • マーケティング30%
    • 管理5%
    • インフラ5%
    • 危機管理5%
    • ライセンス5%

      ロードマップ

      2017年 第3四半期 (7月 - 9月)
      完了:
      • 構想;
      • 市場調査と既存の問題の特定;
      • ブレインストーミングとBitImage構想の誕生;
      2017年 第4四半期 (10月 - 12月)
      完了:
      • ローレベルのテクニカル製品要件;
      • デザイン;
      • インタラクティブ プロトタイプ;
      • MVP 開発: iOS と Android アプリケーションのアルファバージョン 画像対応のみ;
      2018年 第1四半期 (1月 - 3月)
      完了:
      • MVP 開発: iOS と Android アプリケーションのアルファバージョン 画像対応のみ;
      • トークン開発;
      • bitimage.io開発;
      2018年 第2四半期 - 第3四半期 (4月 - 7月)
      • プレセール;
      • クラウドセール.
      2018年 第3四半期 (7月 - 9月)
      BIM取引所
      継続:
      • MVP ファイナライズ:画像ありの iOS と Android アプリケーションのサポートのみ。
      開始:
      • Webアプリケーションの開発;
      • バックエンドと API の開発;
      • 行政パネルの開発;
      • AI 開発:
        • 検索;
        • 分析ツール;
        • 画像検証ツール.
      2018年 第3四半期 / 第4四半期 (9月 - 12月)
      完了:
      • 画像ありの iOS と Android アプリケーションのサポートのみ;
      • バックエンドと API;
      継続:
      • Web アプリケーションの開発;
      • AI 開発:
        • 検索;
        • 分析ツール;
        • 画像検証ツール.
      • 管理用パネルの開発;
      2019年 第1四半期 (1月 - 3月)
      完了:
      • 画像ありの iOS と Android アプリケーションのサポートのみ;
      • AI:
        • 検索;
        • 分析ツール;
        • 画像検証ツール.
      • 管理用パネルのコア機能;
      • 製品テスト;
      • ストアで iOS と Android アプリケーションのリリース。
      継続:
      • 管理用パネルの開発。
      稼動:
      • 初回の大規模なマーケティングキャンペーン。
      開始:
      • ビデオ対応開発:
        • iOS、Android、Web アプリケーション;
        • 管理用パネル;
        • バックエンドと API;
        • Backend and API.
      • AI 開発:
        • ビデオ検証ツール;
      2019年 第2四半期 (4月 - 6月)
      完了:
      • 初回ユーザーからのキャンペーンのフィードバックを受け取り、それによってプラットフォームへの変更を実施する;
      • ビデオ対応:
        • 管理用パネル;
        • バックエンドと API;
        • 管理用パネル開発の完全な機能.
      継続:
      • ビデオ対応開発:
        • iOS、 Android、Web アプリケーション;
      • AI 開発:
        • ビデオ検証ツール.
      開始:
      • Web アプリケーション オンライン エディタ開発。
      2019年 第3四半期 (7月 - 9月)
      完了:
      • ビデオ対応:
        • iOS、 Android、 Web アプリケーション;
      • AI: ビデオ検証ツール;
      • ビデオ対応テストとリリース。
      継続:
      • Web アプリケーション オンライン エディタ開発。
      稼動:
      • 2回めの大規模なマーケティングキャンペーン。
      開始:
      • オーディオ対応開発:
        • iOS、 Android、Web アプリケーション;
        • 管理用パネル;
        • バックエンドと API;
      • AI 開発: オーディオ検証ツール.
      2019年 第4四半期 (10月 - 12月)
      完了:
      • ユーザーからのキャンペーンのフィードバックを受け取り、それによってプラットフォームへの変更を実施する;
      • オーディオ対応開発:
        • 管理用パネル;
        • バックエンドと API.
      継続:
      • オーディオ対応開発:
        • iOS、 Android、Web アプリケーション;
      • AI 開発
        • オーディオ検証ツール.
      • Web アプリケーション オンライン エディタ開発。
      2020年 第1四半期 - 第4四半期 (1月 - 12月)
      完了:
      • オーディオ対応:
        • iOS、 Android、Web アプリケーション;
      • Web アプリケーション オンライン エディタ;
      • AI:
        • オーディオ検証ツール.
      • オーディオ対応とオンライン エディタのテストとリリース、
      稼動:
      • 3回目の大規模なマーケティングキャンペーン。
      開始:
      • 他の有名なデジタルコンテンツの開発サポート:
        • iOS、Android、Web アプリケーション;
        • 管理用パネル;
        • バックエンドと API;
      • AI 開発:
        • 他の有名なデジタルコンテンツ用の検証ツール。
      • サードパーティー アプリケーション用の API 開発;
      • 大部分の有名なエディタ用のプラグイン;
      • ユーザーからのキャンペーンのフィードバックを受け取り、それによってプラットフォームへの変更を実施する;
      • 他の新しい画期的なアイデアの開発。

      メディア

      cnn
      themarkle
      coinclarity
      bitscreener
      blockonomi
      bitcoinist
      usethebitcoin

      ニュース

      1